カラー複合機のリース契約 TOP > コンテンツ一覧 > 複合機の保守契約とリース契約の関連性

複合機の保守契約とリース契約の関連性

カラー複合機がいくら品質が良いものであっても、リースの期間中に何の故障も無い、という保証はありません。トナーの交換や故障が発生してしまった場合はサポートは欠かせませんので、保守契約も締結することになります。
販売代理店でリース契約を組んだとしても、新品のものになりますので、メーカーによるサポートは受けられますし、程度によっては販売代理店にてサポートしてくれる場合もあります。

しかし、リース契約をする中でリース契約と保守契約が同一のものと思われることもあります。
リース契約と保守契約は別個独立した契約になり、逆に保守契約をリースに含めることはできません。

リース契約も保守契約も毎月支払うものになりますが、中身はまったくの別物になります。リースの場合はカラー複合機の本体を借りる為の契約になります。保守契約はカラー複合機を使用している間に発生するトラブルやトナーなどの消耗品に充てられます。

たとえば何らかの都合でカラー複合機を使わなくなってしまった場合、保守契約は停止することができますが、リースに関してはリース会社が負担してくれた金額を返済しないといけないので、リース契約を停止することはできません。

この違いは契約前に必ず抑えておきましょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) カラー複合機のリース契約 All Rights Reserved.