カラー複合機のリース契約 TOP > コンテンツ一覧 > リース契約の途中解約について

リース契約の途中解約について

リース契約は、イニシャルコストがかからず、月々支払いやすい金額に分割して支払うことのできる契約になります。月々の金額が安価なものになる代わりに、支払いは5年間以上のものとなることが多く、長期契約になります。
一括だと高額なものになりますが、支払い回数を増やすことによって毎月の支払いが楽になるのはメリットでもありますが、5年以上の契約となると導入したカラー複合機を使わなくなることも考えられます。

たとえば違うカラー複合機を譲り受けることになり、そちらの方が使い勝手が良かった、ということもあるでしょうし、事業を閉鎖することにした、ということもあるかもしれません。

しかし、リースの場合はいくら使っていないからといって原則、途中解約はできません。
これは最初にリース会社がユーザーに代わって商品購入代金を代理で支払っている手前、回収しないといけないからです。

かといって絶対に解約ができない、ということでもありません。解約する場合は残りのリース代金を一括清算することでリース契約を解約することができます。

その分の費用を捻出することができなければ、事業を閉鎖しようが違うカラー複合機を使っていようが毎月のリース料金は支払うことになります。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) カラー複合機のリース契約 All Rights Reserved.