カラー複合機のリース契約 TOP > コンテンツ一覧 > リース契約とレンタル契約の違い

リース契約とレンタル契約の違い

リース契約は所有権が移せるローン契約とは違って、借り物に近い感覚で利用することができます。
しかしカラー複合機を導入する場合に、リース契約とは別にレンタル契約を用意されていることがあります。
リース契約とレンタル契約、この2つはどのような違いがあるのでしょうか。

リースとレンタルのもっとも大きな違いは期間です。レンタルの場合はリースと違って中途解約が可能で、期間も2年間など短気の場合があります。ただし、レンタルの場合はレンタル会社が所有しているカラー複合機の中から選んで利用することになります。その為、最新機種では無い場合が多い、ということと自分が使用したいと思ったカラー複合機を選べない場合があります。

リースの場合は期間が5年以上が一般的でレンタル期間よりも長いです。それに原則中途解約はできません。しかし、リースの場合はリース会社がユーザーに代わって最新機種を購入してくれて、その使用料金を支払うような形になります。つまり使いたいと思ったカラー複合機を選ぶことができるので、あらかじめ欲しいと思ったカラー複合機がある場合はリースを選択することになります。自由度が高いため、リース契約が人気になるのです。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) カラー複合機のリース契約 All Rights Reserved.