カラー複合機のリース契約 TOP > コンテンツ一覧 > イニシャルコストをかけたくない場合はリース

イニシャルコストをかけたくない場合はリース

カラー複合機を新規で導入する場合に、「買取り」、「リース」の2つの選択肢があります。レンタルという方法をとる場合もありますが、あくまでレンタルは中古品のレンタルになりますので、最新で新品の機種を導入する場合には適用できません。

買取りの場合はイニシャルコストがかかります。カラー複合機の場合は100万円を超える機種がほとんどですので、その金額を初期購入費として用意できるのであれば買取りを選択した方が良いでしょう。

しかし、100万円を超えるカラー複合機を用意しようと思っても高額なものになりますので、いくらなんでもそれをポンと出すことは少ないです。そういったイニシャルコストをかけたくないけれども、最新のカラー複合機を導入したいと考えるのであれば、リースを選択した方が良いでしょう。

リースはトータルコストで考えればリース会社への手数料を支払わなくてはならない分、少々高くついてしまいます。しかし、リースには初期費用無料で導入できる強みがあります。まとまったお金がなくても最初から最新機種を使うことができるので、資金不足でありながらカラー複合機にこだわりがある企業にとってはメリットが大きいと考えられます。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) カラー複合機のリース契約 All Rights Reserved.