カラー複合機のリース契約 TOP > コンテンツ一覧 > レンタル契約のデメリット

レンタル契約のデメリット

カラー複合機をこれから導入しようと考える場合、レンタルとリースで迷われることがあるかと思います。
レンタルの場合は契約期間が短いので縛りが少ない上に、期間が短い分トータルの出費を抑えられるというメリットがあります。

しかし、レンタルの場合にはあくまでカラー複合機のレンタル会社の抱えている、中古品の在庫から借りることになります。中古であるが故に、最新機種が用意されている可能性はごく僅かであり、さらにそこから自社で使いたいと思う機種があるという可能性を考えるとほぼ無いに等しくなります。性能面を妥協してもいいからとにかく安くしたい、と考えるのであれば、レンタルでも良いのかもしれません。

ただし、その場合の注意点として、レンタルの場合は保守はレンタル会社による保守に限定されます。多くはメーカー保守がついていませんので、万が一故障やトラブルがあった場合にレンタル会社にしか相談できません。しかし、レンタル会社はメーカーではありませんので、専門的知識が少ないことがあります。場合によっては故障しても対応しきれない場合がありますので、それも承知の上でレンタル契約をしなくてはなりません。

なお、リースの場合は新品を扱うことになるので、メーカー保守がついています。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) カラー複合機のリース契約 All Rights Reserved.